ボーイズリーグの正式名称は、公益財団法人日本少年野球連盟といいます。

創立時の1970年は、28チームの小さな集団でスタートしましたが、今では全国40支部、小中学生の部を併せて727チームの大きな組織に発展しています。

 ボーイズリーグは創立以来、野球を愛好する少年達に正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて次世代を担う少年の健全育成を図ることを目的に掲げています。

 宇佐ボーイズ球団も『野球が好きだ』という子ども達の気持ちを大事にし、苦難に耐える精神力を養い、助け合いながら野球を楽しむことを念頭に活動しています。