ごあいさつ

 宇佐ボーイズは1999年(平成11年)に大分県宇佐市に誕生しました。
2017年に宇佐ボーイズ設立以来、監督としてチームを指導してきた木部監督が日本代表チームを率いて世界大会に出場し、優勝の栄冠を勝ち取ることが出来ました。

これもひとえに宇佐ボーイズをあたたかく見守り、応援、ご支援くださった皆様のお陰と感謝申し上げます。

宇佐ボーイズは、設立より今日まで、各種大会通算41回の優勝を成し遂げています。

そんな宇佐ボーイズ球団ですが、設立時は大会出場規定人数にやっと合格出来るような状態でありました。一人の選手が試合中に体調が悪くなれば、試合棄権し、泣く泣く帰ってくることもありました。

年々、野球をはじめスポーツをする少年が減少していくことは寂しいことですが、宇佐ボーイズ球団に入団してくる少年達は、元気一杯で自分達の目標に目を輝かせています。

とにかく『野球が好き』という少年達の気持ちを未来に繋げていくことを大事に考えて指導をおこなっています。

プロ野球選手になることだけが、最終目標ではありません。野球を通して、たくさんの人と交流を持ち、日々の練習の中で耐える精神力、行動力、礼儀を身につけ、夢ある大人に成長していってくれることを願っています。   

                              日本少年野球硬式野球連盟 宇佐ボーイズ球団

お問い合わせは、入団案内をご覧下さい。